オフィス・アップサイジング

home  writing's index  広告 - future social design
記事・論文

アースデイマネー<シブヤプロジェクト> これまでとこれから -- Earth Day Money, Up To Now And From Now On.

 

● コミュニケーション・デザイン

価値の媒体であるアースデイマネーが円滑に循環するためには、同時に、情報の媒体が十分に機能していることが求められる。特に、NPO、企業、個人、そして、アースデイマネーアソシエーション(事務局)という4者間が参加するプロジェクトだけに、各主体相互の情報交流の体制はきちんと整理しておく必要がある。

一方、このプロジェクトは巨大資本も手持ちのマスメディアも存在しないプロジェクトであるから、利用可能な媒体は、WEBサイト、メールニュース、そして、店頭に設置するパンフレット(紙)の三種類となる。これらを効果的に組み合わせながら、適切な情報提供を行っていくことが必要だ。そこで、各媒体の特質を考慮に入れた情報戦略が求められる。

紙媒体は、個々人の手元に最も近く接する媒体である。それだけに、メッセージは簡潔明瞭で、デザインや触感は好感の持てるものでありたい。アースデイマネー<シブヤプロジェクト>の場合、アースデイマネーの仕組みの説明と各プロジェクトの概略を紹介した「プロジェクトガイド」が表裏両面に印刷されたパンフレット、そして、アースデイマネーの利用できる店舗とアースデイマネーに関連する直近の活動を紹介する「かわら版」が両面に印刷されたパンフレットの計2種類の資料を配置している。前者はプロジェクト実施期間を通じて大きな変化をしないものであり、後者は新規参加店の加入や各プロジェクトの活動状況にしたがって、順次更新される性質のものである。

重要なことは、アースデイマネーは地域通貨であり、その地域に実際に足を運ぶ人たちに利用してほしいおカネだから、渋谷に来る人たちの目にとまり、手にとって参加してみたくなるような情報を提供することである。資料の配布・設置・印刷にはコストと手間を要するが、アースデイマネーと個人とのインターフェイスとなる最も重要な媒体だけに、今後もある程度まとまった資源配分(人的・金銭的)が必要であろう。

メールニュースは、アースデイマネーに参加した、あるいは今後参加することを望んでいる個人と、企業、プロジェクト、事務局とを定期的・継続的につなぎ合わせるためのリレーションシップ構築のためのツールとして位置づけられる。メールニュースを通じて提供する内容は、企業、プロジェクト、事務局それぞれに関連する情報の概略と、アースデイマネーの現場のようすをいきいきと伝えるレポートが中心となろう。

最後に、WEBサイトは、紙媒体という制約の中で伝えきれなかった情報、および、メールニュースで発信した情報を蓄積するためのアーカイブとしての機能を担う。また、アースデイマネーのプロジェクト全体を知りたい人に対して、まとまったボリュームの情報を総合的に、かつ、わかりやすく提供する。これらの情報発信を通じて、WEBサイトは、アースデイマネー全体に関する情報の土台となる。

これら3つのメディアに加えて、事務局から、各参加店舗に対して、定期的な報告を行うことは、アースデイマネーが健全に運営されるための要となる。別のところでも触れたが、アースデイマネーは地域の商店の参加によって支えられている企業担保型通貨であり、地域企業・店舗への説明責任が発生する。おもな報告事項は、アースデイマネーの発行量と発行理由、各プロジェクトの動き、さらに、マスメディア等の取材対応記録などである。


*** Design of Communication ***

To let earthday money be a medium of value to circulate smoothly, media of information should function very well at the same time. Especially, this is a project where NPOs, businesses, individuals, and earthday money association get together, and the information flowing between each actor should be very well designed.

In spite of this complexity of the project, there is no big capital or its own mass medium. The available media is a web site, mail news and paper-based leaflets. It is necessary to combine these three media efficiently to provide information effectively. Now, there should be an information service strategy considering the strength and weakness of each medium.

Paper media is the closest to end-users. So message on there should be simple and clear, and the design must look good. In the case of earthday money , one leaflet contains outlines of earthday money and a project guide that introduces eight community projects. And another leaflet should contain the map of shops where “r” is accepted and newsletters on which activities of earthday money will be reported The first leaflet explains the bases of the project, and it will not change throughout the period, but the other one will frequently renew its contents according to new shops joining in and new movement occurring in each projects and so on. The important thing is that earthday money is community currency, and in the primary sense, it should be used by people who come and visit the town. So the leaflets should catch their eyes and draw their attention and get them feel like joining in the project. It requires cost and time to print and distribute the leaflets, but these are the most important media for being the interface between individuals and earthday money, so much of human and money resources should be spent on these.

Mail news is to regularly connect people who have joined or who would like to join in earthday money with businesses, projects and the association. Contents on the mail news will be fresh and publish up-to-date reports on the projects, information on participating businesses and reports on the operations from the association.

Finally, the web site will provide information that was not been thoroughly reported on the paper-based leaflets because of the limited size, or to function as an archive of mail news, etc. Also, the web site will provide comprehensive and systematic introduction to people who want to learn the whole structure of earthday money. By providing such information, the web site makes the basis of information of earthday money.

In addition to these three media, the association should produce regular reports on its operations to each participating business. This is to keep healthy relationships with businesses because earthday money is business-backed currency and the association should maintain accountability to the businesses. Main items to report on include the amount and reason of the issuance of earthday money, the latest news of each project and medium exposure of the projects.



Page: 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 前へ次へ