オフィス・アップサイジング

home  writing's index  広告 - future social design
記事・論文

アースデイマネー<シブヤプロジェクト> これまでとこれから -- Earth Day Money, Up To Now And From Now On.

 

■ 都市と農村の交流

もうひとつ、アースデイマネー<シブヤプロジェクト>には、都市と農村の交流というテーマが用意されている。渋谷と農村にどのような関係があるのか、と不思議に思われる向きもあるかもしれないが、むしろ、一片の農地もない渋谷だからこそ農村とつながることは意味があることかもしれない。
具体的な流れはこうだ。

(1)各地の農家は、アースデイマネーの受け取りを表明する。(例:受取額=20,000r)
(2)農家は、この受取額と同額のアースデイマネーをアースデイバンク(事務局)から借り受けることができる。そして、そのアースデイマネーを、農村を訪れて農作業を支援したり、農家が手伝いを必要としている作業に手を貸してくれた人(特に、都市住民を想定)に対して支払うことができる。(例:10人に2,000rずつ支払い)
(3)農作業を通じてアースデイマネーを受け取った人は、後日、渋谷の店舗でアースデイマネーを利用する。
(4)店舗にはアースデイマネーがたまるが、このアースデイマネーは、①の農家から、農作物や農産加工品を購入するために利用することができる。(例:有機大豆みそ、1kgにつき700円+300r)

都市と農村がアースデイマネーを媒介として人とモノの両面で交流する姿を描くことができる。


*** Connection between urban and farming areas ***

There is a project called coexistence of urban and farming areas in earthday money . Some might ask why Shibuya and farming areas have any relationships, but actually a place like Shibuya, where there is not a single farming field, might be benefited greatly by being connected with farming areas.
This works in the following process;

(1)Farmers in farming areas commit to accept earthday money (e.g. commitment 20,000r)
(2)The farmers can borrow the same amount of earthday money from earthday bank. With this, they can pay people from cities who visit to help farming, or help any other work they need. (e.g. 2,000r for 10 helpers)
(3)Those who receive earthday money by helping farming will spend earthday money at shops in Shibuya area.
(4)Then the shops can spend earthday money to buy vegetables, farming products, etc. directly from the farmers. (e.g. organic bean curd for 700Yen + 300r per 1kg)

This is the vision of urban and farming areas connected by earthday money.



Page: 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 前へ次へ