オフィス・アップサイジング

home  writing's index  広告 - future social design
記事・論文

アースデイマネー<シブヤプロジェクト> これまでとこれから -- Earth Day Money, Up To Now And From Now On.

 

● 循環構造の構築

受け取ったアースデイマネーの処理の方法は、参加各店によって以下のいずれかの方法から選び取ることが任されている。

(1)アースデイマネーをクーポン券として取り扱い、割引処理をする
(2)アースデイマネーを資産として取り扱い、購買・調達等の支払手段とする

店頭における両者のオペレーション上の違いのひとつは、(1)ではアースデイマネーの受取分に対して消費税は課税されないが、(2)の場合は消費税を徴収することが必要となる。カフェの場合は消費税内税方式の店舗が多いため、アースデイマネーの分が消費税対象となると、その分が課税対象かそうでないかはひとつの分かれ目となる。

仮に、アースデイマネーを購買・調達等の支払手段とするとして、その効力が、店舗が受け取ったアースデイマネー総額に占める消費税相当額にあたる5%に満たないとなると、購買・調達を行うことがマイナスとなる。例えば、10,000rのアースデイマネーを受け取った店舗で、rを利用した購買・調達を希望する場合、500r相当の購買・調達ができなければ、単純に割引クーポンとして取り扱ったほうが得ということになる。

ハードルは決して高くない。しかし、店舗の営業上意味のあるものを提供するためには、それなりの工夫が求められる。

■方法1: 異業種企業・個人事業者の参加
ひとつの解決策が、地域の他のリテールの参加を呼びかけるという方法である。現在、アースデイマネーに参加しているカフェの多くは、通常の調達は契約した業者から納入しているが、ちょっとした買い足しのために近隣のスーパーマーケットやデパートの地下食品売場などに出かけることがあるという。これらの場所での購入の際にアースデイマネーが利用できるようになれば、参加店にとってのアースデイマネーの魅力は格段に高まるだろう。一方、アースデイマネーを受け取ったスーパーマーケット側は、例えば、容器の回収やゴミ袋を持参した顧客に対してアースデイマネーを支払うことなどができるだろう。

図はアースデイマネーが地域内を循環するイメージを表現したものだが、そのネットワークの中には、カフェ以外にも、美容室・マッサージ店などのサービス業、雑貨店・服飾店などの物販、そして、デザイナー・アーティストなどの個人事業者など、幅広い主体が参加することになる。

地域内の循環構造をいかにつくりあげていくか、今後も試行錯誤は続く。



*** Design Structure of Circulation ***

Each participating business can choose the way they treat earthday money that they received.

(1)To treat earthday money as a discount coupon
(2)To treat earthday money as an asset, and spend it for payment and procurement.

One of the differences in these operations is that shops will not need to charge 5% of consumption tax in case (1), but in case (2) they will. However, most cafes tend to include tax in the listed price rather than adding it when customers check. In this case, the important point is the matter of accounting rather than the matter of operation.

When earthday money can be spent for payment and procurement, and if its purchasing power is lower than 5% of total amount of earthday money received by the shop, then it will be a loss for them. For example, if there is a shop that received 10,000r of earthday money, and they want to spend it for procurement, unless they can spend 500r, it is a loss for them, and they would rather treat earthday money as a discount. The bar is not very high to jump over, but it is required to provide participating businesses with something that is useful for their own businesses.


*** Involvement of various businesses and individual professionals ***

One solution is to involve more retail stores in the community to participate in. Most of the participating cafes procure foods and other resources from contract sellers but they often buy additional or temporary procurement from nearby supermarkets or department stores. If they can spend earthday money in such places, the benefits of earthday money will increase considerably. On the other hand, when supermarkets receive earthday money, they can spend earthday money to reward customers who bring used containers to be collected or their own bags instead of using the shop's vinyl bags.

The figure shows the vision of circulation of earthday money inside the community, and the network would include hairdressers, masseurs and masseuses, convenience stores, boutiques, and individual businesses such as designers and artists.

Challenges of trial and errors to create local circuit of economy will keep going on.



Page: 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 前へ次へ