オフィス・アップサイジング

home  writing's index  広告 - future social design
記事・論文

アースデイマネー<シブヤプロジェクト> これまでとこれから -- Earth Day Money, Up To Now And From Now On.

 

● 見えてきた課題

以上のように、アースデイマネー<シブヤプロジェクト>は、開始から1ヶ月間の初動期を経過し、まだまだ慎ましやかなものだが一定の成果を収めつつあるといえよう。
一方で、今後解決すべき課題も存在する。

第一に、参加店にとってのアースデイマネーの使い道を確保し、アースデイマネーの循環・流通構造をつくり上げることである。実際、シブヤプロジェクトに参加する複数の参加店から、アースデイマネーを利用するための方法を開拓してほしいという旨のリクエストを受けている。参加店が、受け取ったアースデイマネーを利用できるようになれば、代金に占めるアースデイマネーの受取比率は高まり、結果的に、個々人の参加者にとってもメリットを提供することができる。そのためには、地域内の異業種企業の参加、デザイナーやアーティストなどの個人事業者の参加、さらに、東京以外の農林家の参加などのルート開拓が考えられる。

第二に、参加店からの声として、しばしば聞かれるのは、アースデイマネーを交換したり、利用したりする際に顧客が問いかける質問に対して、参加店が説明や答えに窮してしまうケースが発生している。アースデイマネーアソシエーションでは、パンフレットの配布やQ&A集などを用意し、また、参加各店には、答えられない質問はアースデイマネーアソシエーションに直接たずねていただくよう依頼しているが、参加店とアースデイマネーアソシエーション側のコミュニケーションは、まだまだ完全ではないかもしれない。これは、アースデイマネー<シブヤプロジェクト>のもつ性質の一端を現していることなのだが、このプロジェクトには、地域企業・店舗、コミュニティプロジェクト、個人、そして事務局を勤めるアースデイマネーアソシエーションという、大きく4種類の主体が参加している。さらに、地域企業は現在のところ12店舗、コミュニティプロジェクトは8件、個人の参加者は約150人に上る。これら立場の異なる主体間の情報の交換・流通を円滑に行わせることは、アースデイマネーそのものを円滑に循環・流通させるための重要な要素となろう。そこで、価値の媒体であるアースデイマネーを円滑に循環させるためのコミュニケーション・デザインについて、検討しておきたい。



*** Challenge that We Face ***

As we have observed, earthday money shows a certain outcome, although it is still moderate after a one-month operation.
At the same time, we have come up with some challenges to cope with.

The first challenge is to give participating businesses the way to spend earthday money that has been accumulating in each account, and let earthday money circulate around the community. In reality, several participating businesses made requests of having more ways to spend earthday money for their businesses. If these businesses can spend earthday money for the sake of their own businesses, the rate of earthday money accepted at shops will go up, and, as a result, many individuals will benefit from it. To realize circulation, participation of more businesses in the community, and personal businesses like designers or artists and also farmers outside Tokyo will be necessary.

Secondly, some participating businesses often come across a problem of not being able to answer the questions that customers ask about earthday money. earthday money association prepares leaflet and Q&A, and advises them to just introduce such customers to earthday money association, but more frequent communication between shops and the association is necessary. This shows the unique features of earthday money involving at least four different actors such as local businesses, community projects, individuals, and earthday money association. Even more, there are 12 local shops, eight community projects, and about 150 individuals that already have earthday money. To realize smooth communication between these actors will actually result into realizing smooth circulation of earthday money itself. So I would like to think about the ideal design of communication to let earthday money circulate more smoothly.



Page: 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 前へ次へ