オフィス・アップサイジング

home  writing's index  広告 - future social design
記事・論文

アースデイマネー<シブヤプロジェクト> これまでとこれから -- Earth Day Money, Up To Now And From Now On.

 

特に(2)のような資金の提供は、どの程度有効なのであろうか。

例1:ゴミゼロ運動の場合
ゴミゼロ運動の主催団体「スカベンジャー」は、20代前半の有志を中心とする清掃部隊である。これまで2回の清掃活動を実施しているが、現状、ゴミゼロ運動に要した経費の内訳は以下の通りと報告されている。

スカベンジャー会計報告(2001.11.12現在)

支出の部(単位:円)
軍手 4,462.-
コート・クリーニング 2,741.-
ほうき 4,725.-
パンフレット制作 17,000.-
支出合計 29,033.-

収入の部(単位:円)
アースデイマネー交換金 20,400.-
収 支 -8,633.-


スカベンジャーのスタート時にあたって、パンフレットなどの広報ツールの作成に、全体の経費バランスからすると過分の費用を要した感は否めないが、この点は彼らのこだわりの表れと考えたい。そこを割り引いて考えたとしても、スカベンジャーが要する経費の約70%がアースデイマネーの交換金によって賄われていることは注目に値する事実である。

例2:渋谷川グッドデザイン計画の場合
主催団体の「渋谷川ルネッサンス」は、渋谷川の暗渠をはずし、渋谷川を太陽の下に取り戻すための提言を行っている。その第一期プロジェクトである「渋谷川グッドデザイン計画」は、渋谷川の開渠部分(八幡橋から並木橋までの区間)のコンクリート護岸にビオフィルムという溶岩でできた多孔質の岩石からなるパネルを貼ることで、渋谷河岸に生態系を取り戻そうという計画である。ビオフィルムの購入には、1枚(約45×30cm)あたりおよそ1,000円が必要とされており、仮に八幡橋から並木橋までの区間をすべてビオフィルムで埋め尽くすためには数千万円の予算が必要である。今回のアースデイマネーveresion01ではその費用すべてを確保することは困難と思われるが、できる限り広範な資金提供を呼びかけながら、渋谷川に対する社会的関心を引き付けるための呼び水として、一枚でも多くのビオフィルムを渋谷川護岸に貼り付けることをめざしている。

現時点で、アースデイマネーの交換金として集まった金額は、37,700円。これでは、ごくわずかの部分しかビオフィルムを貼ることができない。アースデイマネーアソシエーションは、当期「渋谷川グッドデザイン計画」をアースデイマネー<シブヤプロジェクト>の中心的プロジェクトと位置づけ、当該計画に対する交換金100万円突破を目標として、さらなるPRに努めていく。


Let's make some more scrutiny about effectiveness for fund raising for community project.

Case-1 garbage zero movement
The leader group of garbage zero movement, “Scavenger,” is organized mainly by young people. They have done clean-up twice so far, and the cost spent for their activities are reported as follows;

Revenue and Expense of Scavenger (as of Nov 12, 2001)

Revenue (Yen)
Purchase of glove 4,462.-
Cleaning of coats 2,741.-
Purchase of brooms 4,725.-
Printing leaflets 17,000.-
Subtotal of revenue 29,033.-

Expense (Yen)
Exchange with earthday money 20,400.-
Balance (8,633.-)


As a start of their activities, it seems that much percentage of their cost are spent for producing publication tools such as their leaflets, but it also seems as the sign of their eagerness. Now it is important to note that about 70 percent of the Scavenger’s cost is compensated by the money exchanged with earthday money.

Case-2 shibuya river good design project
Shibuya River Renaissance, the initiative group of this project, is proposing that the Shibuya River should be uncovered and the river should be exposed under the sun. shibuya river good design project is their primary project to revitalize the ecosystem around the Shibuya River by sticking “bio-film,” which is made from lava, on the surface of cemented river bank between Hachiman Bridge and Namiki Bridge. It costs about 1,000 Yen to purchase a piece of bio-film (45×30cm), and to cover all through the area between the two bridges, more than 30 million yen will be needed. They do not expect earthday money version 01 to pay all the costs in exchanged earthday money and to raise enough fund this time, but the important thing is to attract public attention toward the Shibuya River, and their challenge is to attach as many bio-films as possible on the river side.

As of November 19, 37,700 Yen are exchanged for this project. With this, only a small part will be covered. earthday money association will position this project as the main feature of version 01, and set the target at one million yen to be exchanged.



Page: 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 前へ次へ