オフィス・アップサイジング

home  writing's index  広告 - future social design
記事・論文

アースデイマネーのデザイン -- Earth Day Money, Designing.

 

アースデイマネーのデザイン
地域通貨「アースデイマネー」がよく機能するためには、よくデザインされたものでなければならない。デザインの基本は費用対効果の考え方だ。諸々の境界条件を整理し、複数の可能性を考慮する中から、最も効果の大きいものを選び取っていくことが求められる。

アースデイマネーについて議論を進めていくうちに、大きな制約条件となったのが、法規制の問題だった。例えば、アースデイマネーとテレホンカード等のプリペイドカードが、きわめて類似した機能を示すものであるため、「前払式証票の規制等に関する法律」に記されるような規制の適用を受ける可能性が生じた。アースデイマネーは、お金の代替物であるプリペイドカードとは原理的に異なるものであるが、法律上のグレーゾーンを排除するため、アースデイマネーの有効期限を、法律の適用除外となる6ヶ月と定めることとした。

また、紙券方式か、カードを利用するか、といった形態の問題は、アースデイマネーのデザインの中でも重要な部分となる。

基本的な考え方は、アースデイマネーをはじめとする地域通貨は、インフラではなくアプリケーションだということだ。なぜなら、マイケル・リントンが始めたLETSは、当初、参加者がそれぞれリントンのオフィスにある留守番電話に取引の記録を残し、それをリントンがコンピュータに打ち込むという手法をとっていた。それが、いまではICカードを利用するまでに進化している。地域通貨そのものは、ハードウェアとは独立の、ソフトウェア・アプリケーションなのだ。

しかしながら、ハードウェアやインフラの使い勝手によって、地域通貨の規模や効果も変わってくる。将来的には、ICカードや携帯電話などのインフラに地域通貨のアプリケーションを搭載していくことを想定しつつも、現時点で、この10月からスタートすることができ、なおかつ、できる限り使い勝手の面でも追求するとしたとき、端末によって表面が書き換え可能なリライトカードと、個人間の交換や地域の多数の企業が参加しやすい紙券とを併用する方式が浮上した。

そして、最後に、アースデイマネー運営主体をどこに定めるか、という点については、日本総研と博報堂が規約・マニュアル等の整備など、側面的支援を行いつつ、実際の運営は地域企業が中心となって行う「アースデイマネー<シブヤプロジェクト>事務局」を設置し、ここがアースデイマネーの運営主体となる。この事務局は、きわめてフラットでかつオープンなNPO的主体として、アースデイマネーの発行、管理、地域企業への参加呼びかけ等を行っていくことになる。

このようなアウトラインで、アースデイマネー<シブヤプロジェクト>は動き出そうとしている。以下のページでは、上述のデザインに至った議論のプロセスをすこし詳しくお伝えしたい。



Design of earthday money
For a new community currency "earthday money" to function very well, it should be designed very well. The basis of design should lie on the idea of value-for-money. It is essential that we be clear about all the boundary conditions and then choose the best way.

One of the biggest conditions that we faced against was the regulation by the law. For example, as earthday money and prepaid telephone cards show very similar functions, there is a possibility that "the Laws on regulations for prepaid type voucher" might apply. In principle, earthday money is not a prepaid card which is a substitute for the national currency. However, in order to avoid the gray zone, we set the validity of earthday money within six months since its issuance becausea voucher whose validity is within six months is not regarded as a prepaid card to which the law applies, according to the government decree.

One of the most important points of earthday money is its form. Paper? Card? Or, is there any other form?

The basic idea is that community currency including earthday money is not an infrastructure but a software application. Preliminary LETSystem operated in Comox Valley by Michael Linton was done by telephone with an answering machine, and Michael manually input the data of transaction into the very primitive computer of those days. But nowadays there is the smart card system there. This suggests that community currency is a software application independent of hardware infrastructure.

At the same time, user-friendliness of the hardware will change the size and influence of community currency. We expect that the application of community currency might be placed on smart cards or mobile phones in the future, but at this moment, when we think about starting earthday money in this October, we came across the "hybrid" way to combine re-write card and paper money. Rewrite card is a card whose value is indicated on the surface and can be changed many times with the original reader-writer machine. Paper is one of the most inexpensive way of making exchange between people, and also very easy for the local businesses to join and accept.

Another important point is who will operate this money. This might be called the Administrational Office of earthday money , which is mainly operated by a couple of local businesses and supported by JRI and Hakuhodo concerning arrangements and maintenance of terms of agreements, manuals etc. This should be a sufficiently flat, open, not-for-profit organization, and its mission will be managing earthday money account and marketing and, involvement of local businesses.

This is the outline of earthday money . From the next page, we will present the detailed process of our discussion to share our idea.



Page: 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 次へ