オフィス・アップサイジング

home  work's index  食と農、都市農村交流ゼロエミッション
方法と実践

ゼロエミッションをコンセプトにしたパン「ヤッホーブレッド」新発売。

 


ヤッホーブレッドとは、長野県佐久市の地ビール会社「ヤッホーブルーイング」と、長野県小海町の自然素材のパンをつくる「高原のパン屋さん」との連携をコーディネイトすることから生まれた、ゼロエミッションをコンセプトにしたパンです。

ヤッホーブルーイングが製造するオーガニックビール「信州燦燦」で使用される大麦の絞りかす(スペントグレイン)を原料に利用し、カンパーニュとロールパンに仕上げました。

通常は廃棄処分か、活用されても堆肥というところだった絞りかすを有効活用することで、食物繊維たっぷりのヘルシーなパンが誕生。

ゼロエミッション(=ゴミを捨てない)が、アップサイジング(=経済的価値、その他の社会的価値を生む)に転換する具体例の一つです。

長野方面に行かれたかたは、小海の高原のパン屋さんにもぜひお立ち寄りください。